Sample Image

飲む際の注意点

「飲む際の注意点」

青汁は健康に良いイメージがありますが、実は飲むときにいくつか注意しなければなりません。
簡単に守れることばかりなので、頭に入れておけば効果も更に実感しやすくなりますよ。

青汁は健康食品としてとても有名です。
とはいえ、青汁は飲みすぎるとかえって体調が悪くなったりすることがあります。
青汁だけではなく、他の商品もそうですが、過度な摂取は控えるべきでしょう。
メーカーに記載されてある一日分の摂取量を守るように心がけてください。
こちらhttp://www.summerlanguages.com/のサイトに、アレルギーや副作用についての詳しい情報がありました。併せてご覧ください。

また、もし青汁を飲んで体調が悪くなった場合は病院に行きましょう。
持病持ちの方は主治医の方に相談してから飲むのが一番です。
青汁はどのメーカーにも基本的にカリウムが含まれています。
カリウムは体内の塩分を流す働きがあるので塩分の取りすぎの人にはとても効果が期待できるものですが、賢蔵が弱い人だとカリウムを
体内に溜め込んでしまうことがあるので注意が必要です。
体内にカリウムが増えるとしびれを感じたり嘔吐してしまう人も中にはいます。
このhttp://www.uiresourcecenter.com/サイトの解説、「青汁摂取の注意事項」のページも参考になさってみてください。

また、青汁にはビタミンKも含まれています。
ビタミンKは血液を固める効果があるので怪我をした時に血液の流れを止めたり、骨粗鬆症予防にもなったりと人間に必要な栄養分でもあります。
しかし、ワーファリンという薬を飲まれている方は注意が必要です。
ビタミンKはワーファリンの効果を消してしまうので医師からも併用はNGであるといわれているかと思います。
ビタミンKって青汁だけではなく日本人がよく食べる納豆にも含まれているのです。
少量だけならいいというわけではなく、ワーファリンを飲んでいる間は絶対に飲まない・食べないと決めた方がよいでしょう。

青汁は健康食品だから何でも効くというわけではありません。
人によっては逆効果になる場合もあるということですね。
自分は青汁を飲んで問題ない人間なのか知りたい人は、病院に行くのが一番だと思います。
こちら、おすすめサイトhttp://青汁比較.org/の詳しい解説も参考になります。

また、青汁を飲む際には、できるだけ常温あるいは温めて飲むことをおすすめします。
青汁はお腹の調子を改善してくれるので、冷水で飲むとお腹を下してしまう人もいるようです。
意外と気を使う青汁ですが、特に問題なく飲める人は毎日飲んで健康を維持していきましょう。
また、こちらhttp://www.nomeansknow.com/の脂肪の燃焼と青汁の効果についての説明もご覧いただきたいです。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 青汁がダイエットに効くの!? All Rights Reserved.